fc2ブログ
てんてふの日記
てんてふ

他人に違和感を持たせるのは良くないことなのか?

2019年10月20日
考えたこと 0
《10月、11月にHSP交流会を開催します。詳細は→こちら

てんてふです。
最近考えたことを話します。

生きていると、他人の言葉遣いや仕草が自分と違い、あれ?と思うことがありますよね。
人間同士が関わると、そこには必然的に違和感が生じます。
人間は一人一人みんな違うので当然です。

僕はずっと、他人に違和感を持たせるのは良くないことだと思っていました。
僕の生育環境によるものでしょう。
みなさんはどう思いますか?
共感してくれる方もいるんじゃないでしょうか。

この違和感をゼロにするのは、残念ながら不可能だと思います。
どうしても違和感をゼロにしたかったら、一方が他方に完全に従属するしかありません。

だから僕は、自分を殺して相手に従属する、という関わり方をよくしてきました。

でも最近、この違和感の中には、前向きに受け入れられるものと、ニュートラルなものと、受け入れられないものがあることに気付きました。
相手の言葉遣いや仕草に多少違和感があっても、それは相手の個性だから、と前向きに受け入れられることが多いのではないでしょうか。
だとしたら、違和感は必ずしもゼロにする必要はありません。

そして、人の魅力は、不快感が前向きに受け入れられる範囲で一番出る気がします。
そこでは、その人の魅力が違和感を上回るからです。

だとすると、人と関わる際は、違和感をゼロにしようとするのではなく、相手が前向きに受け入れられる範囲で素の自分を出すのがいい、ということになります。
また、自分から違和感を受け入れる姿勢を見せることも大事だと思います。

この、違和感を前向きに受け入れ、相手の素のあり方や喜びを大事にし、それに共感する姿勢は、愛ではないかと思います。

僕は今、違和感が生じることに少し目を瞑って、そのままの自分でいることを意識しながら人と関わる実践をしています。

今回はここまで。
お読みいただき、ありがとうございました。

↓拍手、コメント(本文のみでok)、シェアなど歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

てんてふ
この記事を書いた人: てんてふ
街歩きとブログが好き 来年からカナダに行くよ マシュマロ→https://marshmallow-qa.com/flow0111?utm_medium=url_text

コメント0件

コメントはまだありません