fc2ブログ
てんてふの日記
てんてふ

ネガティブな感情を伝えることに挑戦している話

2019年10月26日
考えたこと 0
てんてふです。

僕には、人と関わっている時に、ネガティブな感情を咄嗟に隠す癖があります。
誰かと遊んでいるときに「疲れた」と言ったり、相手の言動で自分が傷ついたときに「それ嫌なんだけど」と伝えたりするのが苦手です。
どちらの場面でも、言葉を飲み込んで平気な顔をすることが多いです。

中には、そういう言葉がすっと出る人もいますよね。
そして、周りの人もそれを素直に聞き入れられたりする。
僕は、それが理想だと思います。

じゃあ、なんで言えないんだろう。

一つは、相手の行動を邪魔してしまう気がするからです。
僕が「疲れた」と言ったら、相手は休憩に付き合わなければならない。
僕が「それ嫌なんだけど」と言ったら、相手は振る舞いを改めなければいけません。
必ずしも、気持ちがいいことではないと思います。

でも、ありがたいことに、こういうことに快く応じてくれる人もいます。
そして、僕はそれでもなお、言いづらさを感じます。
なぜか?

多分、僕が、ほとんどの人は僕のネガティブな感情を受け止められるほど強くないだろう、と見くびっていたからだと思います。

これに気付いて、僕は自分の高慢さを恥じました。
思い上がった、事実に反する認識だったと思います。

相手が自分のネガティブな感情を受け止められるほど強い人だと信じられるなら、ネガティブな感情も素直に伝えた方がいいんだと思います。

これを踏まえて最近は、関わっている人たちにネガティブな感情を伝えてみるようにしています。
ほぼ全てのケースで、伝えても大丈夫だし、相手が協力してくれたり、謝ってくれたりしました。
とても嬉しく感じます。

一筋縄に行くテーマではないので、今後も試行錯誤しながら、伝え方を洗練させていきます。

今回はこのへんで。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《10月、11月にHSP交流会を開催します。詳細は→こちら

↓拍手、コメント(本文のみでok)、シェアなど歓迎です。
関連記事
スポンサーサイト



気に入ったらシェア!

てんてふ
この記事を書いた人: てんてふ
街歩きとブログが好き 来年からカナダに行くよ マシュマロ→https://marshmallow-qa.com/flow0111?utm_medium=url_text

コメント0件

コメントはまだありません